LINE
hiro9607

1.[友だち]>[友だち追加]>[QRコード]をタップ

2.相手のQRコードを読み込む

3.[追加]をタップ

4.相手のQRコードを読み込む

WASTE

バイク廃車について

バイクの廃車方法

バイクは、排気量別に廃車手続きの方法が異なります。
また、バイク廃車は「一時的な抹消」と「永久的な抹消」の二通りがあります。

難しい場合はご相談頂ければいつでも対応致します。
弊社が代行することも出来ますので、いつでもお気軽にお問い合わせください。

放置バイク・原付の処分方法について

放置車両は処分の方法を間違えてしまうと面倒な事になってしまうので、適切な処分方法を行ってください。
放置車両の処分に関しては、下記の2点を適切に行えば問題ありません。

1.放置車両に一定期間の貼り紙を行い、所有者に最終処分通知を行う
2.警察に盗難届が出ていないか確認する

まずは、放置車両に最終処分通知の紙を貼ってください。
長ければ長いほどいいですが、貼り付けた1ヶ月程度後の○○年○月○日に「この車両を撤去します」といった内容の貼り紙を付けます。

通告日に持ち主があらわれなければ、近くの警察署に「処分したい放置車両がある事」「盗難届が出ていないか確認したい事」を伝えてください。すぐに警察の方が来てくれるはずです。盗難届が出ている場合、警察が引き上げてくれます。盗難届が出ていない場合は、「敷地の管理者が処分してください」という話になります。

こんな時は、弊社にご連絡ください。無料で処分致します。ご不明点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

バイクの所有権の解除手続きの方法
所有権を解除して廃車手続きをする場合

バイクの車検証には、所有者の欄がお客様のお名前ではなくバイク販売店などになっている場合があります。
これは、ローンによるバイク購入の場合に所有者が販売店になったままになっているという理由が挙げられます。
この場合の所有権の解除は、所有者欄の所有者に連絡し、解除するための書類を送ってもらう事が必要になります。

所有権が解除できない場合

バイクのローンが支払い途中の場合、所有権は解除できません。解除するには、ローンを完済するまで待つか、残りのローンを一括で支払う必要があります。
所有権を解除できなければバイクの廃車手続き、バイクの名義変更等、バイクに関する変更が一切できませんのでご注意ください。
廃車にしたいけど手続きが面倒だという場合には、弊社が無料で代行させていただきます。お気軽にご相談ください。

バイクの廃車に必要なものと手続きの方法
125cc以下のバイク

以下に記載の「必要なもの」をご持参の上、市町村の役所で廃車手続き(ナンバープレートの返納)を行います。窓口で「軽自動車税廃車申告書兼標識返納書」という書類に必要事項を記入し、ナンバープレートと一緒に提出すると廃車書類が発行されて手続きは完了となります。

ナンバープレートを紛失・破損した場合、地域によっては200円前後の弁償金を請求されることがあります。

ナンバープレートの盗難による紛失の場合、警察に盗難届を提出していれば弁償金はかかりません。

必要なもの
  • ナンバープレート
  • 身分証明書(運転免許証、保険証など)
  • 印鑑(認め印可、シャチハタ不可)
    ※所有者と使用者が違う場合は、両者の印鑑が必要になります。
  • 登録時の書類(申告証、標識交付書)※無しでも可
126cc以上のバイク

126㏄以上のバイク廃車の手続きは、ナンバープレートを管轄する各陸運局(運輸局)で行います。

「一時的な抹消」と「永久的な抹消」がありますが、手続きの方法は基本的に同じです。

126㏄~250㏄までのバイクと251㏄以上のバイクでは廃車の際に必要な書類が異なります。

必要なもの
  • ナンバープレート
  • 身分証明書(運転免許証、保険証など)
  • 軽自動車届出済証
  • 軽自動車届出済証返納証明書交付請求書
  • 印鑑(認め印可、シャチハタ不可)
    ※所有者と使用者が違う場合は、両者の印鑑が必要になります。
150cc以上のバイク
必要なもの
  • ナンバープレート
  • 車検証
  • 軽自動車税申告書(税金止め手続き)
  • 抹消登録申請書
  • 手数料納付書
  • 委任状
  • 印鑑(認め印可、シャチハタ不可)
バイク廃車手続き後の注意点

バイク廃車の際に「一時的な抹消」で手続きを行うと、「自動車検査証返納証明書」という書類が陸運局で渡されます。
この書類は、バイク廃車手続き後に再登録等をする際に必要になります。大切に保管して下さい。

お気軽にお問い合わせください
お電話でのお問い合わせ