改造したバイクは売れるの?

改造したバイクは好みが分かれ、買い手の需要が限られてしまいます

そのため、ノーマルバイクの方が需要が高く、「売りやすい」という理由で高額査定が付きやすいです。

しかし実際のところ、純正バイクと比べてカスタムバイクの買取額の方が買取額が高くなるケースも存在します。

全てを純正パーツに戻した場合、純正バイクとしての査定になるのでカスタム状態より高値が付く可能性もあり、また取り外したカスタムパーツも個別で売却できるため「査定額+パーツ代」で良い結果になるでしょう。

しかし、カスタムバイクの査定額が分かっていない状態で純正バイクの状態にしようとすると(手間や修理費を含めて)損をしてしまう可能性があります。

あなたの改造したバイクの価値を理解してくれるバイク買取会社を見つけるために、ひとまずそのままの状態で、かつ純正パーツの汚れを落として綺麗にし多くのバイク会社に査定してもらう事が重要です。

 

高く売る交渉ポイント

実は改造してあるバイクは、買取側としても非常に難しいんです。最終的にはカッコ良いか悪いか、個人の好みになってしまうので、このバイクをそのまま業者間オークションに出したらいくらになるのか予想が立てにくいんです。ショップによって得手不得手があるので、少しでも高く売りたいのであれば、事前のリサーチなどで“カスタムやパーツの価値がわかるショップを選ぶ”ことが大切です。

「カスタムバイクの安全性を担保するもの」が欲しいというバイク買取会社にとって、パーツの取り付けが全て業者依頼で整備記録が残っていれば非常に喜ばれます。

また、整備記録をしっかりと保管しているということは、バイクを非常に大切に扱ってきたことを示す良いチャンスでもあります。

バイクを自身でたくさん改造してきた方は、査定員にカスタムやパーツのすごさをどれだけアピール出来るかが重要です。

たとえば、社外のリプレイスマフラーが付いているとして「マフラーを換えています」と言うだけだと、査定員から本部に伝える際にも“マフラー交換あり”という情報しか伝わらない。なので「これは◯◯のチタンマフラーで、30万円で購入しました」というように、なるべく具体的にアピールすることが大事です。

査定員は常に「この人は本当に売る気があるのか?」を見ています。ですから“売る気を見せる”のも大切なんです。

パーツの取り付けを依頼した際に渡される「整備記録」や買ったときの「レシート」「領収書」を提示することをおすすめします。(パーツの細かい説明や使用期間が分かると、次のオーナーが安心して販売しやすくなるため。)

また、バイクを購入したときの「箱」や「取扱説明書」もあると良いでしょう。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

バイク廃車引取王国

〒302-0032 茨城県取手市野々井1112

0800-919-8588(フリーコール)

https://bikeokoku.com

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇